令和3年度 校内研究計画

教育実践研究発表会の様子  2021年7月7日

img_0040.jpg img_0506_20210727124429480.jpg img_0508.jpg img_0552.jpg

img_0018.jpg img_0618.jpg img_0023.jpg img_0027.jpg img_0506_20210727124351533.jpg

img_0553.jpg dscf6634.jpg dscf6643.jpg dscf6646.jpg dscf6617.jpg

1 研究主題

『豊かに学び、認め合い、共に生きる力の育成』
~安心して「やりたい」「わかった」「できた」を生まれる授業づくり~

2 研究仮説


(1)仮説1 
 教材観から派生する、その単元の中で育みたい「安心する姿」を実現する言葉掛けをしていくことで、自信をもって主体的に、対話的に学ぶことができる風土が養われるだろう。
  
(2)仮説2 
 児童一人一人が見通しをもちながら、課題(問題)解決に向かうことができる単元構成と、学びのプロセスの外言化を繰り返してメタ認知をすることで「やりたい」意欲が向上するだろう。
  
(3)仮説3
 どの児童も「わかった」「できた」を実現できるよう、立場を明確にした対話や説明の場を意図的に設定し、言語活動を充実させることで学びを深めることができるだろう。

道徳提案授業がありました 4月26日

  

5年2組 平山学級

  

  
授業について反省会議が行われました

国語提案授業がありました 5月10日

  

2年2組 三浦学級