平成29年度のスタートにあたり

                 校 長 大 場   渉

 4月10日(月)、新1年生71名、転入生15名を迎え、平成29年度の1学期がスタートしました。全校児童数は419名で特別支援学級を含めて19学級。教職員は12名の転入があり、総勢41名となります。
 本校は、2020年の東京五輪開催の年に開校100周年を迎えます。卒業生が2万人を超えていることからも本校の長き歴史を感じます。先輩諸氏が築いてきた柏小学校のよき伝統を受け継ぎ、更なる教育の発展のために全教職員の英知と総力を結集して、保護者や地域の皆様方の信頼と負託に応える学校を目指します。

IMG_8045.JPG

学校経営の基本姿勢と経営方針

ページの先頭へ

学校経営の基本姿勢  

はじめに子どもありき
  子どもがいるから学校があり、教師がいて、教育が行われる。主役は子どもである。学校
 は、学ぶところであり、教育の場。わかる授業が展開され、つまずいたり試行錯誤をしなが
 ら、ともに学びあう場である。

「知」「徳」「体」のバランスのとれた質の高い教育
  義務教育の理念や目的・使命を果たすため「知」「徳」「体」のバランスのとれた質の高
 い教育が求められている。そのために、「学校力」(学校の教育力)、「教師力」(教師の
 力量)を高め、子どもの「人間力」(生きる力)を豊かに育てることをめざす。

ともに学び合い、一人一人が輝く学校
  子どもが友だちや教師とともによりよい人間関係を構築しながら、かけがえのない一人
 の人間として大切にされ、頼りにされていることを実感し、存在感と自己実現の喜びを、
 また、子ども一人一人がよさや可能性を発揮しながら、成就感・達成感を得られる学校
 めざす。

安全・安心で、楽しくて誇りに思う学校
  学校は、安全で安心できる場所でなくてはならない。そして、子どもも教職員も「学校に
 居場所」があり、学校での教育活動を通して充実感・有能感・有用感をもち、「学校が楽し
 い」と思える学校をめざす。また、柏小学校で学んだことを誇りに思うことができる学校を
 めざす。

信頼され開かれた学校
  子どもの教育には、学校・家庭・地域の連携と協力・役割分担が必要である。そのため
 に、社会に開かれた教育課程、積極的な情報発信と学校評価や意見の反映、地域の人材・施設・環境の活用など、透明性と可視化でもって信頼される学校をめざす。

本校の教育理念

  激しい時代の変化に適応できる人間性豊かな児童の育成を目指し、自ら学び考える力を培
 い、基礎・基本の定着を図り、一人一人の個性を伸ばすとともに、たくましい心身と人や自
 然とふれ合える温かい心を育てる学校教育を創造する。




校訓・教育目標

  【校訓】   【教 育 目 標

◇ 強 く ・・・ 強い心と体で ねばり強くやりぬく子ども 

◇ 正しく ・・・ 確かな知識で よく考える子ども

◇ 明るく ・・・ 明るく きまりよい子ども

◇ 清 く ・・・ 心豊かで 思いやりのある子ども




今年度の重点

やれば、できる!
~柏っ子当たり前3か条~
①自分からあいさつしていますか?
②人の話を聞けますか?
③あなたの夢をもっていますか?




【 学び 】~知・体~
[校内研究主題]
 豊かに学び、認め合い、共に生きる力の育成 
    ~“言葉の力”を生かして、学びを高める授業づくり~

❶基礎・基本の確実な定着
❷言語活動の充実
❸学習意欲の高揚と楽しくわかる授業
❹学習のきまりの徹底

【 やさしさ 】~心~
❶3つのやくそくの定着
❷道徳教育の充実
❸自己有用感の感得
❹積極的な生徒指導

【 かかわり 】~夢~
❶活気と秩序を基盤とする学年学級経営
❷体験を通した規範意識の育成
❸心に響く体験活動
❹キャリア教育

【 そだち 】  ~環境~
❶最大の環境は教師
❷風通しのよい職場環境
❸きれいな学校をつくる

【 開かれた学校 】 ~保護者・地域との連携~
❶家庭との一層の連携
❷保護者や地域の教育力を積極的に導入し、「社会に開かれた教育課程」の実現
❸学校・家庭・地域との相互理解と協力、説明責任




平成29年度学校経営グランドデザインは
 こちらからご覧いただけます → LinkIconグランドデザイン